カードローンの審査が通らないときに考えるべきこと

カードローンに申し込みをしても、全く審査に通らないときには自分のおかれている状態を精査する必要があります。年収や職業にあまり問題がないのに審査に通らない場合には通らない理由として、ブラック状態になっているか総量規制に引っ掛かっているかということが考えられます。

ブラック状態とは金融機関が加盟する信用情報機関の個人信用情報の事故情報に3か月以上の返済遅延や自己破産や債務整理などのいわゆる金融事故の履歴が記載されている状態で、こうなれば審査に通過するのはかなり困難といわざるを得ません。ただし、仮にブラック状態になっているとしても、いわゆる審査が緩いカードローンであれば審査に通る可能性はないではありません。

ただし、もう一方の総量規制に引っ掛かっていれば、少なくとも貸金業者のカードローンの審査が通ることは不可能です。一部の例外もありますが、総量規制以上の融資をすることは違法行為になるからです。

銀行のカードローンは総量規制の対象外でありますが、もともと審査が厳しい銀行のカードローンがそのような状態で審査に通ることはないと考えたほうが良いでしょう。総量規制に引っ掛かっている場合には返済をして借り入れを減らすしかありません。

カテゴリー: 未分類 | カードローンの審査が通らないときに考えるべきこと はコメントを受け付けていません。

カードローン返済は苦労するもの

カードローンのCMや広告でよく耳にするのは、「冠婚葬祭などの急な出費にお困りの時に」「あと少しで給料日という時に」など収入がある人がお金がわずかに足りてない時にその足しとして簡単にカードローンを利用してみませんか?というものが多い。だから、簡単に少額の借入れを行って数か月の間に計画的に返済するというのがカードローン返済の正しいモデルなのだろう。

しかし、実際にカードローンでお金を借りるような人はもっとお金に困っている人が多い。お金を借りるにあたり収入がない人は借り入れが出来ないのでさすがに無職という人はいないと思うが、収入があってもお金が足りない。つまり、お金にルーズだからカードローンで借りなければならなくなる人が多い。

年収1/3以下の借入額だったら、計画的に考えれば返済できそうだが、年収の何割を生活費として使っているかは本人次第。借り入れた本人がお金の返済を簡単に考えていると1年もあれば簡単に返せるお金も何年たっても利息ばかり払って元金が減らないということにもなってしまう。

これからカードローンでお金を借りようと思っているのなら、お金を借りなければならなくなった自分を見つめ直し、どうしても借りなければならないのなら返済は苦労するものと考えて、しっかりと返済計画を根って、計画通りに返済することを心掛けた方がいいだろう。

 

カテゴリー: 未分類 | カードローン返済は苦労するもの はコメントを受け付けていません。