女性のキャッシング利用も当たり前

世の中にキャッシング会社は数多くありますが、「女性はお断り」などという会社は見たことがありません。キャッシングには審査があり、それに通らなければ借り入れはできません。しかし、女性であるがゆえに審査に落ちてしまうなど常識では考えられません。キャッシング審査の合否とは、申し込み者の属性(経済力や社会的信用力に関する個人情報、たとえば年収、住居形態、勤務先の企業規模など)で決まるのであり、性別は重視されません。男性でも女性でも、属性が一定レベルに達していると会社が判断すれば、その人は普通に審査に通るのです。

ただし一般的に考えて、男性よりも女性の社会人のほうが年収は少ない傾向があります。それに女性は専業主婦などで無職である可能性も男性よりは高めと考えられます。ですから審査においても、女性は男性よりも属性が低いと判断されてしまうケースは多くなると考えて間違いないでしょう。

実際、女性をターゲットにしたレディースローンなどでも、融資してもらえる金額は男性の場合よりも少な目に設定されていることが多いものです。何しろキャッシングは収入の高い人ほど多くのお金を借りられますので、収入の低い女性は、どうしても少額しか融資してもらえないことが多くなってしまうのです。

もちろん、男性並みの年収があって属性も男性並みの女性なら、男性並みの融資をしてもらえることは間違いありません。結局、キャッシングの利用は属性次第なのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク