事前の返済計画を確認しないのは危険

キャッシングを利用する前には、必ず事前の返済計画を立てておかなければなりません。それは安全な借り入れのためには欠かせない心掛けであり、もはやキャッシングの常識です。ですから実際に多くの利用者が、事前の返済計画をきちんと立てています。

しかし残念ながら、それだけでは不十分です。なぜなら事前の返済計画というものは、どうしても甘くなってしまうことが多いからです。それゆえ立てた計画は、キャッシングを利用する前にもう一度見直すべきなのです。その見直しがあってこそ、本当に安全性の高い借り入れが実現できるのです。

返済計画を見直す際に具体的に何をどう見直すのかというと、返済に十分な余裕があるかどうかです。たとえば毎月1万円のリボルビング返済でキャッシングを利用しようと計画するなら、毎月の返済約定日には最低1万円以上の口座残高が必要です。しかしギリギリ1万円では余裕が無くて危険です。ギリギリでは何かあったらアウトですので、できれば2万円以上は確保しておくべきなのです。この余裕こそが事前の返済計画においては大切なのです。

借りる前には、自分の描いた返済計画でギリギリではなく十分な余裕があるか確認しましょう。それが出来ないようなら返済計画を再度見直してから借入れを行いましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク