キャッシングは限度額を守って

収入が厳しいとキャッシングを利用する事もあるかと思います。無理な返済プランにするとローン会社とトラブルを起こしかねませんので注意が必要です。また、返済不能などになると信用に関わりますので今後利用出来なくなる恐れあります。

数年前から総量規制によって自身の年収の三分の一程度までしか借り入れが出来なくなりました。その頃、私も物入りでキャッシングを利用していました。あまりにも冠婚葬祭が続いたため、一気に借りてしまったら警告が来てしばらく借りることが出来なくなりました。おそらく年収の三分の一を超えたからでしょう。また厳しいカードローンの会社だったようで、しばらくしてハガキが来てキャッシング限度額が引き下げられてしまいました。借りているお金さえ怖くなり結局生命保険を解約して全額返済しました。

すべて最初は少額だったことから始ります。カードローンは誰にも知られずATMから気軽に借りることが出来るので、自分の口座から引き出しているような感覚に陥ります。でもれっきとした借金なのですが、あまり危機感を感じません。そこがとても怖いところです。借りたら信用情報に記録が残ること、町金ではないけれども金利はかなり高いことなど踏まえて借り過ぎないよう注意して下さい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク