カードローンの借り換えはメリットが肝心

もしもカードローンの借り換えを行うとしたら、借り換えることで確実にメリットがあることが肝心です。ですからメリットについては事前に確認しましょう。もしも何もメリットもないとしたら、わざわざ借り換えるのは手間暇ばかりかかって時間の無駄です。

たとえば金利で考えてみましょう。もしも年18%の金利で借金している人が年17%のカードローンで借り換えを行うなら、差し引きすると1%だけ金利がお得になります。これは確実なメリットですので、積極的に借り換えるべきだと言えます。

しかし17%のキャッシングを別の17%のカードローンで借り換えてもメリットはありませんので、それは無意味です。ましてや17%のものを18%で借り換えてしまったら、かえって損をしてしまいますので絶対に借り換えてはいけません。

ただしカードローンの件数を考えた場合は、たとえ同じ金利でも複数のキャッシングを一本化するために一つのカードローンで借り換えるなら、メリットはあります。なぜなら借金が一本化されることによって管理が楽になるからです。これをおまとめローンといいます。

借り換え専用ローンには要注意です。それは返済に特化したローン商品ですので、借りたお金は直接返済に回されます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク